フリーランスに必要な孤独に耐える力

会社で働いている場合でも、フリーランスとして働く場合でも、仲間で仕事をするということは必要です。
しかし、フリーランスになることで圧倒的に1人で動くことが増え、会社員の時には経験をしたことがないような孤独の中で仕事をするという機会が増えます。

会社では単独行動というものはあまり許されている傾向にはなく、そうした場合でも報告、連絡、相談、いわゆるホウレンソウの徹底が求められましたが、フリーランスになる以上、こうしたものをする必要はありません。



すべて自分が責任を持ち、行動するだけなので、ホウレンソウを行う相手もいません。
最近では1人で行動することができず、仲間となるべく行動しようとする人が多くいるため、それを理由にしてフリーランスになることを躊躇する人もいます。

結局のところ、会社の同僚は単なるビジネスパートナーであり、決断は自らが行うことが求められます。

重大な決断をする場合、人間関係を気にしていては判断が鈍り、会社に大きな影響を与えかねません。



立場が違えど、結局はどこかで孤独に耐えるような展開が待ち構えています。いずれにしてもビジネスマンは孤独に耐える力が求められます。
特にフリーランスは先行きの見えなさ、人間関係の薄さなどと闘っていくことが求められ、それに負けてしまう人も多くいるのが実情です。



それに打ち勝つことで苦境で負けない姿勢、意志の強さを手にすることができ、ビジネスなどで幅広く活用することができるのです。