人の縁が大事になるフリーランスの仕事

会社の一員として仕事を続け、外部の企業から評価されると、自分はフリーランスになってもやっていけるのではないかとついつい勘違いをしてしまいます。それもあってフリーランスの道を選んだものの、結果として仕事に困ってしまい、会社を辞めたことを後悔するという人も多くいます。



会社の一員だったからこそ仕事があり、会社の一員だったからこそ評価されていたという事実を知るか知らないかで、フリーランスになるならないの選択に大きな影響を与えます。



フリーランスで大事なことは人の縁です。


この人だからこそ仕事をお任せしているという意識があれば、仮に会社を辞めてフリーランスになったとしてもその人に仕事を回すことになります。

最初は会社同士の関係性だったとしても、その時の誠意ある対応でその人のファンとなり、独立した場合に支援するということも見られます。



軌道に乗る人の多くはこうした人の縁を大事にしています。

また、最初は順調で段々と仕事が減っていくケースのほとんどはこうした人の縁をないがしろにする人がいることがわかります。

会社員であれば、誰かが失敗してもみんなで支えあうということができます。しかし、独立してしまえばすべての責任がかかってくることになってしまいます。


だからこそ、人の縁というのは大事であり、そうしたものを大切にできる人が成功し、考えたこともない人が痛い目を見て、その存在に気付き、改心していくこととなるのです。