サラリーマンよりもフリーランスが良い

フリーランスとは、会社勤務のサラリーマンとは大きく異なるスタイルで仕事をします。


まずサラリーマンは、毎朝決まった時間に出勤し、残業あるなしによって退勤時間が異なります。

上司から仕事をお願いされ、期日までに自分の役割である部分を終わらせます。チームで取り組む場合、フォローし合う必要があり、全体で取り組む必要が出てきます。
その働きの対価として、一定額の給料が支払われます。



一方でフリーランスとは、仕事を取り組む時間が自由で、在宅勤務できる魅力があります。


そのため、毎朝眠い中、満員電車に載る必要もなく、寝たいだけ寝ることができます。

ただ、会社のように仕事をお願いされるのではなく、自分で仕事を見つける必要があります。

それも、自分の実力で取り組むことができる仕事を見つけなければなりません。


さらに、個人で仕事をするため、誰かに助けてもらえることもなく、全責任を負わなければなりません。



実力さえ備わっていれば、どんな仕事であっても個人で達成することができるでしょう。フリーランスとして最も嬉しいポイントは、サラリーマンに比べて給料が高いことです。
仕事の売上げがそのまま給料になるため、高額と言えます。サラリーマンであれば、どれだけ売上げを出したとしても、それが給料になることはなく、圧倒的に売上げより低い額が給料になります。


よって、フリーランスはサラリーマンよりも時間的自由を手に入れることができ、高い報酬を得られます。



ただし、それに見合うだけの実力が必要なので、十分な経験値が求められます。