フリーランスになる前にやるべきこと

フリーランスとして旗揚げをすることを決めた場合、その前、特に会社員であるうちにやっておかなくてはならないことがあります。



ではそれは何かというと、まず一つ目がクレジットカードの作成です。
クレジットカードは現在、さまざまなところで使用できる決済手段となっています。

特に大きいのが一度作成しておけば、その限度額の範囲内で分割払いが出来る点です。フリーランスでもクレジットカードが作れないことは無いのですが、基本的にクレジットカードの審査は申請時の信用を重視して契約できるかどうかが決定されいます。


しかしフリーランスとして独立した直後だとまだ実績も無く、収入についても不安定とされやすいため、契約が出来なかったり限度額が低く設定されることが多いのです。



そのため会社員として働いているのであれば、そのうちにクレジットカードを作る必要があります。


次にやっておくべきこととなるのがローンを組むことです。



もちろん必要が無いのであれば組む必要はありませんが、もし自動車などのようにローンを組んで購入しなくてはならない財産がある場合には、会社員であるうちにローンを組むべきです。
ローンの審査もクレジットカードと同様に信用が重視されるものであり、融資条件は申込みがされてから融資が実行されるまでの間の職業によってかなり変わってきます。フリーランスになってからローンを組もうとすると思うように組めないことが多いため、ここもしっかりと事前に行っておくようにしましょう。